ごり用事の注意事項

利用規約

サバイバルゲームフィールドOPERATION JUDGMENTを利用するにあたり同施設を管理、運営、提供する株式会社ジャッジメント(以下甲)の施設利用に際し、本サービスを受ける個人及び団体、又は組織(以下乙)と、甲との間に適用される条件を施設利用契約とし、以下に定めるものとする。また、甲の施設を利用するにあたり、本項の規約を甲のサービスを受ける乙は、本利用規約を契約し、了承したものとし、遵守することとする。
当フィールドをご利用の方は満18歳以上であることとする。
18歳未満のご利用は保護責任者同伴のもと、未成年者の全責任を責任者が負うものとする。
また、18歳未満の方が使用出来る銃は18歳以下の対象年齢製品のみ使用出来ることとする。


●当施設内での事故や怪我、盗難などすべてのトラブルについて当方は
 一切責任を負いかねます。


甲および乙は、本契約に関する訴訟を提起する場合、甲が指定した裁判所をもって第一審の専属的な管轄裁判所とすることに乙は合意するものとする。甲、及び甲スタッフは施設利用者に対し、承諾なしに本規約並びに本サービスの内容の変更、追加、修正、一時中止または停止をすることができる。そして甲スタッフが独断で乙に、施設からの退場、今後の施設利用禁止命令を乙、および第三者の逸失利益などの直接損害、間接損害、特別損害について一切責任を負わないものとして施設利用者に言い渡す事ができるものとする。

フィールドレギュレーションについて

●BB弾は0.2g以下のBB弾のみ使用可能とします。

BB弾は0.2g以下のBB弾のみ使用可能とします。
バイオBB弾、プラスチックBB弾共に使用可能とする。
(BB弾の使用重量に関してはフィールド貸切時は乙全員の賛同を得て、法令を遵守し、甲スタッフに貸切前に申請し安全を最優先する事を誓い、許可を得た場合のみ0.2g以上0.3g以下のバイオBB弾の使用を許可するものとする。
その際の事故、怪我等の責任について甲は一切負わないものとする。)

●使用可能な銃

 銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)に基づく玩具銃と認められるもの

●使用できない銃

・上記に該当しないエアーソフトガン、および一般的なエアーソフトガンの範囲を逸脱すると判断されるもの
・実銃と判断できるもの
・可変出力機構が使用でき、過度のパワーを発生することができるもの
 (可変レギュレータが使用できる等、外部パワーソースを使用する銃全般)
●弾速は銃刀法により定められた規定値以下(0.98J以下)とします。

ゲームを行う前に必ずフィールドスタッフに従って持ち込んだ銃の弾速を測定し、許可が下された銃のみが施設内での使用が可能となる。
測定の際の銃の使用合否決定権は甲スタッフのみが有するものとする。


●当フィールドはセミオートのみです。
 フルオート、バーストでの使用は禁止とします。


フィールド貸切時はその限りではない。法令を遵守し、乙全員の賛同を得て、甲スタッフに貸切前に申請し、安全を最優先する事を誓い許可を得た場合のみフルオート、バースト等の使用を許可するものとする。その際の事故、怪我等の責任について甲は一切負わないものとする。


●当フィールドはモスカート、グレネード等の使用は可能とする。

一回の発射にて複数の弾を同時発射する機構を有する銃は使用可能とする。
手で投擲するタイプは下投げで転がす形でのみ、膝より上での投擲は絶対禁止とする。仕掛けタイプ(クレイモア等)の使用についてはその都度スタッフに性能、構造を説明し使用可能か確認すること。
スタッフに使用を許可されたゲームのみ使用可能とする。
また、火気を使った発射機構のものは上記通り、持ち込み厳禁とする。


●フィールド内はいかなる理由があってもゴーグル着用が絶対の義務とする。

何らかの形であれゴーグル、またはマスクが外れた場合、故意でなくとも直ちに退場とする。(ゲームとしてはHIT判定となる。マスクを速やかに着用し退場する事。)


●ゴーグルのほか、口元を守る装備品も義務とする。

フルフェイスマスク、ゴーグルにシュマグやバラクラバ、スカーフ等でも可


●グローブ、膝当てもゲーム中は装着を義務とする。

靴は安全性が高い靴のみとする。(サンダルや下駄、ハイヒール等は禁止。)


●刀剣類はたとえレプリカ、ダミーであろうと持ち込みを厳禁とする。

当施設内に法律に抵触する刀剣類、又は殺傷性があると確認出来る鈍器等は一切持ち込み不可とする。また、判断が付かないものはスタッフに確認をすることを義務とする。
刀剣類、鈍器類は殺傷性が全くないもの、模造品、玩具に限らず一切の持ち込みを厳禁とする。
持ち込んだ場合、没収、施設退場、または警察機関へ通報するものとする。


●ゾンビ行為については厳禁、今後の施設立入り禁止とします。

他施設利用者からのゾンビ行為の報告をスタッフが確認し、ゾンビ行為とスタッフが確認した場合、本契約にのっとり施設からの即退場、または施設の今後の立入りを禁止する。
またスタッフの指示に従わない、又は悪質であると判断した場合も同様とする。
ヒットを確認した場合速やかに両手を上げて「ヒット!」と大きな声で宣言すること。
また、ヒットしたかが曖昧な場合ヒットコールをすること。暴言も禁止事項とする。
スタッフが確認した暴言、また他プレーヤーからの暴言の報告をスタッフが暴言と確認した場合、ゾンビ行為同様退場、施設の出入り禁止を言い渡すものとする。


●当施設はフリーズコールは禁止とする。

至近距離にて敵と交戦、又は敵を確認しヒットをとれる場合、「フリーズ」と言ってヒットを取る行為をトラブル防止のため禁止とする。
相手の装備の硬い部分や痛みや怪我に必ずつながらない部分に当てること。
交戦距離にて危険を感じた場合は「ヒット」と大きく宣言しフィールドから退場する事。
至近距離での怪我について甲は一切責任を負わないこととする。


●銃口はゲームが開始したフィールド内以外は絶対に人に向けないこと。

フィールド以外は銃口は常にしたを向け、いかなる場合でも銃口を絶対に人に向けないこと。
ゲーム中以外は、セイフティエリアでもマガジンを外し、引き金には絶対に指をかけないこと。
また、安全装置はゲーム中以外は必ずかける事を義務とする。
フィールドから退出する場合は、上記の示した通りマガジンを抜き、カラ撃ちを指定場所でして安全装置をかけて引き金から指を離しセイフティエリアに入場することとする。


●株式会社ジャッジメントが管理する施設内以外での銃や装備品の着用、
 装着は絶対禁止とする。


当施設へ向かう途中、装備品や銃が人の目に見える形で施設へ入場する事を厳禁とする。
また、施設利用を終え帰宅する場合も、また、買い出しやその他の理由により当施設を出る場合も必ず常識ある服装(迷彩柄の過度な服飾等は禁止)に着替えてから当敷地内を退出する事。


●施設内での飲酒は厳禁とする。
 また、施設利用6時間前からの飲酒も厳禁とする。


飲酒した状態とスタッフが判断した場合は、施設からの退場を言い渡すものとする。


●喫煙は施設内の定められた箇所のみとする。
 フィールド内は全面終日禁煙とする。



●当施設内での器物、備品、レンタル品などを乙が破損させた場合、
 乙は速やかに甲に名乗り出て全額弁償すること。


当施設の器物や備品、レンタル品の破損を確認した場合は速やかに当スタッフに報告する事。
また、レンタルをした場合にレンタル品に異常が認められた場合、ゲーム開始前に当スタッフに報告する事とする。
乙がレンタル品を受け取った時やゲーム開始前に破損の申告をした場合は前の利用者に損害賠償が甲より請求される事とする。

上記以外で乙の行動に問題があるとスタッフが判断した場合もスタッフの独断で施設利用者に対し退場、今後の施設利用禁止が言い渡せるものとする。また乙はそれに従う事を認めること。


●フィールドの予約について

予約日から2週間以内のキャンセルについてはキャンセル代を甲が乙に請求できる事とする。予約をした場合のキャンセル代の全額返金は予約日より2週間以上前にキャンセルを受け付けた場合のみとする。キャンセルは口頭のみは受け付けない事とする。乙は甲がキャンセルを受付した事を確認し、甲が了承した場合のみキャンセル受付が完了したものとする。フィールドの予約はスタッフに分かりやすく伝えること。不明瞭な場合はキャンセルとして扱う。

sen.gif

アクセスマップ
judgment_gaikan_yoru.jpg
〒435-0007
静岡県浜松市東区流通元町14-2

judgment_fieldyoyaku.png judgment_yoyaku_bn.jpg